2009年07月09日

DomUのディスクイメージをDom0から参照する方法

Gentooubuntuと違い、CentOSではDomUの構築にvirt-installを使用する必要があります。virt-installではDom0で確保したLVを独自形式でフォーマットしてしまうため、DomU停止時に該当LVをDom0からmountして中身を確認したり、LVMの利点を生かして割り当てディスク量を変更する(=LVのサイズを変更する)ことが出来ませんでした。

後者は諦めるとしても、せめて前者が出来れば…と思っていたのですが、通常のmountコマンドではなく、lomountというコマンドを使えば実現できることが分かりました。(CentOSではXenパッケージに含まれています)

DomU用に作成したLVを /dev/VolGroup00/domU01_root 、マウントポイントを /mnt とした場合、マウントするためのコマンドは以下のとおりです。
lomount -t ext3 -diskimage /dev/VolGroup00/domU01_root -partition 1 /mnt

これで設定ミスってDomUが上がらなくなってしまった場合などの対応がだいぶ楽になりました。

元ネタは以下のサイトです。
有用な情報をありがとうございました!

Stray Penguin - Linux Memo (Xen-4)
http://www.asahi-net.or.jp/~AA4T-NNGK/xen4.html
posted by 月水和尚 (とも) at 17:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | Xen/仮想化全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。