2009年07月16日

CentOS / Xen Domain0 でシリアルコンソール

XenDom0として構築したCentOS 5.3でシリアルコンソールを使う方法。
時間がないので端折り気味で。

/boot/grup/menu.lst に太字部分を追加。
serial --unit=0 --speed=115200 --word=8 --parity=no --stop=1
terminal --timeout=10 console serial

#splashimage=(hd0,0)/grub/splash.xpm.gz
hiddenmenu
title CentOS (2.6.18-128.2.1.el5xen)
root (hd0,0)
kernel /xen.gz-2.6.18-128.2.1.el5 com1=115200
module /vmlinuz-2.6.18-128.2.1.el5xen ro root=/dev/VolGroup00/LogVol00 console=tty0 console=ttyS0,115200n8
module /initrd-2.6.18-128.2.1.el5xen.img

あとは /etc/inittab にも以下の行を追加。
# Serial console
sc:12345:respawn:/sbin/agetty -L ttyS0 115200 vt100

最後に /etc/securetty に以下の1行を追加。
ttyS0

以下のサイトを参考にさせていただきました。
ありがとうございます!

Server « blog.shimazu.org
http://blog.shimazu.org/archives/category/server

ふかふかの部屋 - TSR - Xen 関連
http://www1.plala.or.jp/fukafuka/trouble/xen.html
posted by 月水和尚 (とも) at 15:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | Xen/仮想化全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。