2010年06月08日

CentOSでCP932を使う (SJISとちょっと違うよ!)

先日「CentOSでSJISを使う」という記事を書いたところ、コメント欄で「Windowsで使っている文字コードはCP932(MS漢字コード)なので、厳密にはSJISとは違うよ」とご指摘を頂きました。(ありがとうございます!)

というわけで、先日の手順の改訂版。
題して「CentOSでCP932を使う」。

以下のコマンドで、SJISロケールをCP932として追加します。
localedef -f WINDOWS-31J -i ja_JP ja_JP.SJIS

Shift_JISとして登録する場合と違い、登録時の警告は出ません。

viの設定も少し変わります。
具体的にはencodingという設定値が増え、.exrcに登録するのは以下の2行になります。
encoding=cp932
set fileencodings=utf8,cp932,latin

moriyamaさん、ご指摘ありがとうございました!

<参考サイト>

【shift_jisとwindows31Jの関係】 文字コードについて質問です。 WindowsでSHIFT_JISで保存したら自動的にWINDOWS31Jで保存されるのでしょう か? それはつまりWINDOWS31J.. - 人力検索はてな
http://q.hatena.ne.jp/1167447698

Shift_JIS(cp932)の「ダメ文字」 (fudist)
http://sites.google.com/site/fudist/Home/grep/damemoji
posted by 月水和尚 (とも) at 15:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux(ディストリビューション固有)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。