2011年05月26日

BT-PANで回線共有

2台のAndroid端末で、1つのデータ回線を共有して使う。
そんな夢を見た。




これは何?

 WiFiではなくBT-PANを使って、2台のAndroid端末でネットワークを共有する。
 (もちろん相手はAndroid端末じゃなくてもいいのですが)


何が嬉しいの?

 WiFiでのそれと違って待機時の電力消費がほとんど無視できるレベル。
 電池の心配をしたり、こまめにTetheringをON/OFFしなくて済む。


残念な事は?

 ネットワークを共有できるのは2台だけ。
 PUSH系の通信は駄目っぽい。(Gmailの自動受信などは出来ず)
 そもそもBT-PANに対応してる機器が少ない。


ひつようなもの

 ・人柱魂
 ・root
 ・Wireless Tetherのインストールされた端末2台
 ・データ通信が出来るSIM1枚


下準備

 ・2台の端末をペアリングしておく
 ・データ通信SIMの入っている端末のBluetooth Addressを控えておく
 ・↑でWireless Tetherを使ってBluetooth PANテザリングを開始しておく
 ・↑で設定したLANネットワークを覚えておく(今回は192.168.1.0/24を想定)


接続(データSIMの入ってない方の端末から)
pand --connect xx:xx:xx:xx:xx:xx
sleep 3
ifconfig bnep0 192.168.1.2
route add default gw 192.168.1.254 dev bnep0
setprop net.dns1 8.8.8.8


確認
pand --list
nslookup google.com


この状態で通信してみると…。


切断
pand --killall


嬉しい人には嬉しい…かな。
少なくとも私には非常に便利。


参考文献

Gentoo Linux ドキュメント -- Gentoo Linux Bluetoothガイド
http://www.gentoo.org/doc/ja/bluetooth-guide.xml
posted by 月水和尚 (とも) at 00:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | Android
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック