2005年03月24日

vCard仕様(V601T):データの各アイテムについて

vCard情報を構成するアイテムを出現順に記述。(ただしBEGIN、VERSION、ENDは全般に書いたので割愛)
先頭●は必須項目(該当情報が登録されていなくてもアイテムは記述される)、○は省略可能項目(該当項目が登録されていない場合はアイテム記述なし)、◇はオプション設定で使用される項目(省略可能項目と同じで該当項目が登録されていない場合はアイテム記述なし)。

FN;CHARSET=Shift_JIS:名前
 宛先名称。半角24文字以内で記述。
 スーパーメールの宛先名称として使用。

N;CHARSET=Shift_JIS:名前;;;;
 アドレス帳に登録される名前。半角24文字以内で記述。

SOUND;X-IRMC-N;CHARSET=Shift_JIS:ふりがな;;;;
 ふりがな。半角カナにて表記。半角24文字以内で記述。

PHOTO;TYPE=JPEG;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:写真データ
 写真データがQuoted Printableでエンコードをされて記述される。途中改行あり。
 設定値なしの場合は"PHOTO;ENCODING=QUOTED-PRINTABLE:"のみ記述。

TEL;種別:電話番号
 電話番号。半角24文字以内で記述。
 TELアイテムは最大3つまで記述可能。(必須は1つ)
 第2パラメータは電話の種別を設定。
 携帯電話ならCELL、固定電話ならVOICEなど。。(詳細はこちら)
 携帯での書き出し時は登録したアイコンにより入力値が決定
 設定値なしの場合は"TEL:"のみ記述。

EMAIL;種別:メールアドレス
 メールアドレス。半角60文字以内で記述。
 EMAILアイテムは最大3つまで記述可能。
 第2パラメータはメールの種別を設定。
 携帯メールならCELL、PCメールならINTERNETなど。(詳細はこちら)
 携帯での書き出し時は登録したアイコンにより入力値が決定。
 設定値なしの場合は"EMAIL:"のみ記述。

ADR;WORK;CHARSET=Shift_JIS:;住所;;;;;
 住所。半角128文字以内で記述。
 しかし何でTYPEはWORK固定なんでしょ?HOMEでなくて。
 設定値なしの場合は"ADR;CHARSET=Shift_JIS:;;;;;;"のみ記述。

BDAY:YYYYMMDD
 誕生日。YYYYMMDD形式で記述。

NOTE;CHARSET=Shift_JIS:メモ
 メモ。半角128文字以内で記述。

X-CLASS:PUBLIC
 固定値。シークレットでないアドレスデータって事でしょうか?

X-GNO:グループ番号
 グループ番号。0〜9の範囲で設定。
 名称なしの場合は0。その他は上から順に1〜9。

X-VFGTS-TEL;V601T;種別:電話番号;アイコン番号
 電話番号の拡張情報。アイコンの設定に使用。
 TELアイテムと同数記述する必要有り。(値なしのTELアイテムは対象外)
 アイコン番号は半角数字で0〜19までの範囲で設定。
 携帯に表示されるアイコンリストの左上(受話器にハート)が0で、右に向かって
 1,2,3…。改行して左から7,8,9…。
 TELアイテムでも書いたとおりこのアイコンによって携帯でのvCard書き出し時の
 TYPE指定(第2パラメータ)が決定している。(詳細はこちら)

X-VFGTS-EMAIL;V601T;種別:メールアドレス;アイコン番号
 メールアドレスの拡張情報。アイコンの設定に使用。
 EMAILアイテムと同数記述する必要有り。(値なしのEMAILアイテムは対象外)
 アイコン番号についてはX-VFGTS-TELと同様。
 第2パラメータとの関連についても同様。

X-VFGTS-ILM;V601T:[1-7|SMAF|OFF]
 着信イルミ。
 数値はパターン番号、SMAFはSMAF連動、OFFはイルミなし。

X-VFGTS-CAL-VIB;V601T:[1-3|SMAF|OFF]
 着信音-電話着信-バイブレータ。
 数値はパターン番号、SMAFはSMAF連動、OFFはバイブなし。

X-VFGTS-MCI;V601T:[PHOTO|1|2] または
 X-VFGTS-MCI;V601T;TYPE=JPEG;ENCODING=BASE64:写真データ
 電話着信画像-メインディスプレイ。
 写真を設定しない場合は上の記述を使用。設定値は以下の通り。
  PHOTO:顔写真
  1:ナチュラル
  2:くーまん
 写真を設定する場合は下の記述を使用。
 写真データがBase64でエンコードをされて記述される。途中改行あり。

X-VFGTS-SCI;V601T:[1-3] または
 X-VFGTS-SCI;V601T;TYPE=[JPEG|MP4];ENCODING=BASE64:写真(動画)データ
 電話着信画像-サブディスプレイ。
 写真を設定しない場合は上の記述を使用。設定値は以下の通り。
  1:ナチュラル
  2:ノーマル
  3:くーまん
 写真(または動画)を設定する場合は下の記述を使用。
 写真データがBase64でエンコードをされて記述される。途中改行あり。

X-VFGTS-ML-VIB;V601T:[1-3|SMAF|OFF]
 着信音-メール着信-バイブレータ。
 数値はパターン番号、SMAFはSMAF連動、OFFはバイブなし。

X-VFGTS-MLF;V601T:[0-19]
 メールフォルダ。
 一般フォルダの時は0。その他は上から順に1〜19。

X-VFGTS-PIN;V601T:PINコード番号
 相手PINコード。半角4文字で記述。
 これ、携帯だと一度設定したら設定なしに戻せないんですけど…。
 (私がやり方を知らないだけかな?)

X-VFGTS-DIC;V601T:[1-5]
 パーソナル辞書。
 上から順に1〜5。

個別の着信音の設定はvCardには保存されないようです。(電話、メール共に)
確かにダウンロードした着メロなどは設定値として持ちようがない(著作権の事を考えると写真のようにBase64で中に持たせちゃうわけにもいかない)ので仕方がないのかもしれませんが、ちょっとばかり不便。個人的にはあまり個別設定するつもりはないので問題ないですが。

これにて解析完了。
あぁ、疲れた…。


posted by 月水和尚 (とも) at 14:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。