2005年03月29日

vMessageの超手抜きな解析(V601T)

出力したvMessageファイルを見てだいたい言わんとしている事は分かったのですが、各種エンコードや添付ファイルの処理など色々大変そうだな〜と思っていたら、しろくろのへやさんのところで衝撃の事実を発見。

拡張子が.vmgのファイルをパソコンで読むには
http://home.arino.jp/?%E8%B3%AA%E5%95%8F%E7%AE%B1%2F37

まさか"BEGIN:VBODY"と"END:VBODY"の間がまんまeml形式だったとは…。

試しにエディタで編集→Becky!でインポート、としてみました。そしたらばっちり読み込みOK。添付したjpegファイルもちゃんと認識されています。すご〜く難しそうだな〜と思ってかなり気合いを入れてたのに、これならほとんど開発の必要ないですね…。有難いがちょっと拍子抜け。
とりあえずvmgからemlをがしがし切り出すスクリプトでも書こう。
絵文字の対応はどうするかなぁ。どうせ夫婦間メールにしか使わないから対応しなくても大して問題ないんだよな…。


posted by 月水和尚 (とも) at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 携帯電話
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。