2007年01月19日

複数のUSBストレージを正しくmountする

USBストレージ(USB接続のHDDなど)はhotplugで認識された順にデバイス名が付与されてしまうので、普通にデバイス名で/etc/fstabを書いてしまうとちょっと都合がよくありません。そこでドライブにラベルを付けて管理します。

ラベルの付与は以下のコマンドで行います。
e2label デバイス名 ラベル名

例えば/dev/sdb1に"USB-HDD_1"とラベルを付けるなら、
e2label /dev/sdb1 USB-HDD_1

となります。
付与したラベルの確認は以下のコマンドで行います。
e2label デバイス名

/etc/fstabには以下のように記述を加えます。
(ファイルシステムはext3/mnt/usb1にマウントすると仮定)
LABEL=ラベル名    /mnt/usb1    ext3    defaults    0 0

ただマウントオプションがdefaultsでいいのかちょっと悩みどころ。
pamconsole,rw,suid,noexec,auto,nouser,async

あたりが妥当かな、と思っていますがいかがでしょうか。
(samba用のデータ領域なのでnoexecにしています)

−追記:2007/01/30−
pamconsoleを書くとそれ以前の設定がみんな無効になってしまうようなので、最初に書くように変更しました。

ネタ元はいつもお世話になっている@ITLinux Tipsです。

ボリュームラベルでUSBハードディスクの管理を効率化するには − @IT
http://www.atmarkit.co.jp/flinux/rensai/linuxtips/925vollabel.html

mountのオプションについては以下のサイトを参考にさせていただきました。
(ありがとうございます!)

Linux/CentOSネットワーク実験/初めての自宅Linuxシステム管理
http://centos.it-cafe.jp/lsys07.html

mountのマニュアルはこちら。

Manpage of MOUNT
http://www.linux.or.jp/JM/html/util-linux/man8/mount.8.html


posted by 月水和尚 (とも) at 16:22 | Comment(5) | TrackBack(0) | Linux(UNIX)全般
この記事へのコメント
なるほど、こういう方法があるんですね。勉強になります。

ちなみに、USBプリンタで印刷する時のような、/dev以下のデバイス名を直接叩くソフトウェアに対して、デバイス名が変わってしまうことを防ぐためには、udevでルールを書くという方法があります。

ttp://www.gentoo.gr.jp/transdocs/udevrules/udevrules.html

udevでネーミングルールを設定すれば、同じデバイスはいつどんな順序で挿しても同じ名前に固定することができます。
固定IPを振ったEtherのアダプタが複数ある時に、アダプタの挿し替えなどで認識順序が変わってしまった時などにとても役立ちます。

現在の主要なディストリは殆ど(pdaXromでさえ)udevを採用していますから、役に立つと思います。参考までに。

こういうのが今までなかったことを考えると、AIXのODMは偉いと思う…

Posted by kenya at 2007年01月19日 18:07
udev難しすぎ…。(汗)

まだざっとしか見てないのでよく分かってないんだけど、これって全く同じデバイスを2つ繋いでる場合でも大丈夫なのかな?(今の環境では同じUSB-RAIDBOXが2台、USBの外付けHDDが2台繋がっている)
両者のudevinfoのdiffを見ると後付けで振られた(っぽい)IDくらいしか差がないので、区別する術があるのかちょっと疑問。

まぁ、同じものを2台繋ぐなんて十分想定の範囲内だし、ちゃんと調べれば出来るんだろうけど。

ちなみにEtherアダプタも同じものを2つ繋いでいて、こっちはifcfg-ethxにMACアドレスを書くことで順序が変わらないようにしてます。

また新しい課題が増えてしまった>udev
Linuxの世界は奥が深すぎです。(涙)
Posted by tomo at 2007年01月19日 18:46
そうそう。

SPAMコメントフィルタを入れたのでURLはそのまま書いてもOKです!
Posted by tomo at 2007年01月19日 18:50
>区別する術があるのかちょっと疑問。

udevinfoで取れるものでちょっとでも違うところがあれば、それを条件にして分けられたと思います。

>こっちはifcfg-ethxにMACアドレスを書くことで順序が変わらないようにしてます。

これGentooには確かなかったかも...?
/etc/conf.d/netとかに書けるのかもしれませんがよく読んでない。

僕はEtherをudevでMACをトリガーにして固定させようと思ったら、bondingドライバを使っていた所為で"MAC両方同じじゃん"ってことになって諦めたことがあります。

コメントスパムフィルタですか。いいですね。
うちはとりあえずアクセスログでヘンな挙動している人をアクセス許可に変更しています。気をつけてください(笑
Posted by kenya at 2007年01月21日 20:09
> udevinfoで取れるものでちょっとでも違うところがあれば

その『ちょっとでも違うところ』が刺した順に振られるIDっぽかったんだよね。
まっさらの状態からそれぞれ刺してみて違いを見てみたいところ。

> これGentooには確かなかったかも...?

そうなんだ。Linuxならどれでも行けると思ってた…。
ディストロによる差って以外とあるもんなのね。
CentOSとpdaXrom以外ほとんど知らない私です。

> コメントスパムフィルタですか。いいですね。

といっても半角のみのコメントを拒否してるだけだけどね。
(でも効果は絶大!)
外のサービス使っていると勝手に機能が増えてありがたいっす。
Posted by tomo at 2007年01月21日 23:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。