2017年01月05日

Linuxでうるう秒の挿入を確認する方法

こんな感じ。
$ dmesg | grep leap
[389065.076861] Clock: inserting leap second 23:59:60 UTC

dmesgに出力されるんですね。

ちなみに確認したのはRaspberry Pi2上のRaspbianですが、たぶんプラットフォームやディストリビューションに縛りはないと思われます。

これ、23:59:60の挿入に関するログなので、ntpdがstepモードで動いているときにしか出力されないのかな?という素朴な疑問。
slewモードの時はどうなるんだろう…手元にslewな環境がないのが悔やまれる。
ご存じの方、コメントなどいただけるととても嬉しいです。
posted by 月水和尚 (とも) at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | Linux(UNIX)全般
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/445553720
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック