2007年10月22日

sambaにアクセスするユーザの切り替え

Windowsからsambaへアクセスすると、Windowsをログオフしない限り2度目からはユーザIDとパスワードを聞かれなくなってしまいます。一人で占有するPCならいいのですが、複数人で共用するPCとなると非常に不都合。どうしたもんかと思っていたら、ちゃんとセッションを切るコマンドがありました。
net use \\ServerName /delete

言われてみればなるほど納得。

元ネタは以下のサイトより。(ありがとうございます!)

SAMBA(3系)のインストール/設定(Redhat9,WhiteBoxEL4) - Hot Linux Redhat(Redhat/WhiteBox/CentOS/FedoraCore Linux対応)
http://www.hot-linux.org/redhat/?rec_no=19


posted by 月水和尚 (とも) at 16:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | Windows
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。