2008年03月26日

システムソフト電子辞典をN810で使う

ついに全画面表示にも対応したEBView for OS2008のおかげで便利な辞書マシンと化したN810。確か遥か昔に広辞苑も買ったはずなのでそれも入れよう…と思い家捜ししたところ、出てきたのは『システムソフト 広辞苑第四版』。残念ながらEPWING形式の辞書ではありませんでした。

仕方ない、最新の第六版でも買うか…と思っていたのですが、何とシステムソフトの辞書をEPWING形式に変換する方法がありました!ツールを作成してくださっているのは、EB Libraryの作者の方。ありがたい限りです。

まずは変換ツールであるdessedをダウンロードします。

dessed
http://hp.vector.co.jp/authors/VA021723/dessed/

辞書はWindows環境にインストールしてあるので、dessedもWin32バイナリをダウンロードしましょう。ダウンロードが完了したらインストールも行います。

インストールが完了したらツールを起動して辞書の変換を行います。非常に分かりやすいインターフェースなので特に説明は不要でしょう。

変換はこれで完了ですが、今回使用する広辞苑第四版の場合はデータに一部問題があるため、そのまま使うとあまりよろしくないようです。その問題を解決するために、別のユーティリティであるEPWUTILを使用する必要があります。ダウンロードは以下のサイトから行います。

Index of /edict/epwutil
http://openlab.jp/edict/epwutil/

こちらも作業はWindowsで行うので拡張子がlzhなファイルをダウンロードしてください。こちらはインストールは必要ないので適当な場所に展開していただければOKです。完了したらコマンドプロンプトから以下のようにコマンドを実行します。
squeeze HONMON HONMON.new

上記はパスを全く考慮していません。squeezeHONMONも実行する環境に合わせてパスの指定をしてください。HONMONの存在するディレクトリでsqueezeをフルパス指定にして実行するのが一番簡単だと思います。

これで不具合の解消されたファイルが完成しました。オリジナルのHONMONを削除(またはバックアップ)し、HONMON.newHONMONにリネームします。あとは前回の手順と同様にして辞書を圧縮すれば完成です。

参考にさせていただいたサイトは以下のとおりです。

私家版携帯端末考
http://www.geocities.jp/howtomobile/linuxzau/dic_able.html

第3部 UNIXで使える辞書タイトル
http://hp.vector.co.jp/authors/VA000022/unixdic/unix-dic3.html

電子辞書活用メモ
http://www.aise.ics.saitama-u.ac.jp/~gotoh/Tips/digital_dict.html

ツール作成者の皆様、情報提供者の皆様、ありがとうございました。
posted by 月水和尚 (とも) at 16:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | Nokia/Symbian
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。